用語集

  • か行
  • さ行
  • た行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行

破損・汚損等危険補償特約

火災、落雷、破裂・爆発、および他の特約(風災・雹(ひょう)災・雪災危険補償特約、水災危険補償特約、盗難・水濡れ等危険補償特約)で補償できない不測かつ突発的な事故により保険の対象に生じた破損・汚損などの損害を補償します(1回の事故につき損害の額から自己負担額を差し引いた額を、保険金額を限度にお支払いします。家財の場合は30万円が限度となります。)。

例)・家具の移動の際に、自宅の窓ガラスにぶつけて、ガラスが割れた。

     ・自宅の水道管が凍結して破裂した。

被保険者

保険事故が起こったとき、保険の補償を受けられる方または保険の対象となる方をいいます。

風災・雹(ひょう)災・雪災危険補償特約

保険の対象について、風災、雹(ひょう)災、雪災による損害が生じ、損害額が20万円以上となった場合に保険金をお支払いします。

例)台風がきて、自宅の屋根に損傷を受けた。

併用住宅

住居と、住居以外の店舗や事務所など、両方の用途に用いられる建物をいいます。職業種別によって保険料が割増となる場合があります。

保険期間

保険のご契約期間、すなわち保険会社が責任を負う期間をいいます。この期間内に保険事故が発生した場合にのみ、保険会社は保険金を支払います。ただし、特に約定がある場合を除き、保険期間中であっても保険料が支払われていないときには保険会社の責任は開始しないため、保険金は支払われません。

保険金

保険事故により損害が生じた場合に、お受け取りになる補償金のことをいいます。

保険金額

保険契約において設定するご契約金額をいいます。

保険契約者

ご契約の当事者で保険契約上のさまざまな権利、義務をもたれる方のことで、契約が成立すれば保険料の支払義務を負います。

保険証券

保険の契約の成立およびその内容を証明するために、保険会社が作成して保険契約者に交付する文書のことをいいます。

保険事故

保険契約において、保険会社がその事実の発生を条件として保険金の支払を約束した偶然な事実をいいます。火災、交通事故、人の死傷などがその例です。ただし、すまいの保険では交通事故、人の死傷は補償の対象となりません。

保険代理店

保険会社の委託を受けて、保険会社の代わりに保険契約の締結、保険料の領収などの業務を行う者をいいます。

保険の対象

保険を付ける対象のことで、自動車保険での自動車、火災保険での建物・家財などがこれにあたります。

保険約款

保険会社が保険契約者と結ぶ保険契約の内容を定めたものです。保険約款には、同一種類の保険契約の全てに共通する契約内容を定めた普通保険約款と、個々の契約において普通保険約款の規定内容を補充・変更・排除する特約があります。

保険料

被保険者の被る危険を保険会社が負担する対価として、お支払いいただく掛け金をいいます。

↑Topへ戻る


※ このサイトは「住自在」のごく簡単な説明を記載したものです。この保険の詳細につきましては、弊社または日新火災海上保険(株)にご照会ください。