評価方法

建物  戸建の場合

評価方法

戸建

  • 建物の評価は新価(同等の建物を再築または再購入するために必要な金額)基準によって行います。
  • 土地代は保険金額には含みませんので、評価額と土地付建物の購入価額の違いにご注意ください。

新築で建物の建築費用がわかる場合

評価額 = 建物の建築費用

建築後、一定期間が経過している場合で建築費用がわかる場合

評価額 = 建物の当時の建築費用 × 経過年数に応じた物価変動係数

新築かどうかにかかわらず、建築費用がわからない場合

評価額 = 当社基準の1㎡あたりの単価 × 延床面積

※ 長期の保険期間でご契約いただいた場合には、物価の変動等によって評価額の見直しを行っていただく場合があります。

※ 門、塀、垣や車庫等の付属建物の金額は評価額に含みます。外灯などの屋外設備の金額は評価額に含みません。

保険金額の決定方法

上記、1から3のいずれかの方法で算出された評価額を基に保険金額を決定します。

評価額1,500万円の場合 ⇒ 保険金額1,500万円で設定します。

↑Topへ戻る

建物  分譲マンション等の戸室の場合

評価方法

分譲マンション等の戸室

  • 専有部分(戸室)の評価は新価基準によって行います。
  • ご希望に応じて、共用部分の持分割合を専有部分に含めて保険の対象とすることができます。ただし、共用部分は管理組合で一括して火災保険に加入していることが一般的ですのでご注意ください。
  • 購入金額には【専有部分】【建物共用部分の持分割合】【土地の持分割合】が含まれていますので、評価額と購入金額との違いにご注意ください。

新築で建物の建築費用がわかる場合

評価額 = 建物(専有部分)の建築費用

建築後、一定期間が経過している場合で建築費用がわかる場合

評価額 = 建物(専有部分)の当時の建築費用 × 経過年数に応じた物価変動係数

新築かどうかにかかわらず、建築費用がわからない場合

評価額 = 当社基準の1㎡あたりの単価 × 延床面積

※ 長期の保険期間でご契約いただいた場合には、物価の変動等によって評価額の見直しを行っていただく場合があります。

保険金額の決定方法

上記、1から3のいずれかの方法で算出された評価額を基に保険金額を決定します。

評価額1,500万円の場合 ⇒ 保険金額1,500万円で設定します。

↑Topへ戻る


※ このサイトは「住自在」のごく簡単な説明を記載したものです。この保険の詳細につきましては、弊社または日新火災海上保険(株)にご照会ください。